トピックス
2022/02/18

調律

音映ブログ
ご無沙汰しております。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

間があきましたが、私は数年ぶりに年末年始を実家で過ごし
1年以上調律のされていない実家のピアノの中に溜ったほこりの除去をしたり
参考書を見ながら簡単な調律道具で気になる鍵盤の音の高さを少しいじるなどして過ごしました。
tyouritsu.jpg
楽器の調律とは、一般的に理解されているように
外れた音の高さを正しい音の高さに調整するといった作業です。
ピアノの調律は、音の高さを数値化=ヘルツ数(周波数)に置き換え、
その数値に合わせて各音の高さ (一般的なピアノの音数ですと約88鍵分)を決めていきます。
それぞれの音の高さの並びには様々な種類、
主に平均律・純正律・中全音律・ピタゴラス音律…などが存在し、
おおよそ時代によって使い分けられてきました。

それぞれの音律をより深く知るには、細かな計算式や実技経験を積んで理解していく内容となる為
自分にもまだまだ分からない部分が多く難しいのですがご興味のある方は是非読んでください。

例えば純正律は、基準になる音の数値を決めそこから和音の響きを聴きながら別の音の数値を決めていきます。
平均律は、ピアノの鍵盤の真ん中あたりにある”ラ”の数値(440~442Hz)から1オクターブ上の”ラ”を設定し
その1オクターブ間の音(12鍵盤分)に等間隔で数値を割り当てて調律するといった流れです。
純正律は響きがとても美しいですが、1オクターブごとの音がぴったりと合わない為転調が出来ません。
もう一方、平均律は最初から1オクターブごとの数値が割り当てられた上で等間隔に音を調整している為転調にも難なく対応出来ます。

現代では平均律が主流となっていますが、
純正律とは違い平均律は周波数の近い音を同時に鳴らすとビブラートのように響く現象が起きます。
それを「うなり」と呼びますが、基本的に「うなり」は完全に消す事が出来ない為
そこで調律師は様々な音の組み合わせのズレを最小限に残つつ美しく響くよう丁寧に調律していきます。

日本は湿度が高く楽器に負担がかかりやすい環境の為
本来調律は年に1度でなく数回依頼をした方が良いのですが、
今回自分で少し作業しながら勉強してみた事で色々学ぶ事もありつつ
技術者や職人の方々の凄さを改めて実感しました。

弊社では、国に定められた消防法により地震や津波等の災害から皆様の安全を守る為
様々な施設様へ非常放送架の設置や緊急放送アナウンスの収録、
そして定期的なメンテナンス対応をさせて頂いております。
何気なく暮らしていると気が付かない事の方が多いですが、
自分の知らない分野で日々様々な方に助けられている事に感謝しつつ過ごしていければと思いました。